煎じ土瓶 青磁釉

白磁コーヒーカップ

作家/●●● ●●

三重県伊賀のやまほん陶房 山本忠正氏による土瓶 中サイズ。
水キレの良さは山本氏の高い技術の賜物です。

鉄分の少ない陶土に恵まれた三重県伊賀の土を使った土瓶は耐火温度が高いことから、直火にかけることができます。直火にかけられる土瓶は、昔から薬草や漢方の抽出には土瓶が最適と言われていることから、薬膳茶、漢方茶用としてお使い頂いている方も多いようです。これは、土瓶の遠赤外線効果や土鍋にゆっくりと火が入る性質上、薬草や漢方の成分と化学反応を起こさないことなどが理由のようです。もちろんお急須代わりとして、通常のお茶を頂くにもお使い頂けます。また、ストーブの上に置いて、じっくり温めてお茶の時間を楽しむというのも土鍋ならではの楽しみ方だと思います。1リットルほど入りますので、大人数でお茶を頂く際または漢方茶を煮出すにもぴったりですね。お急須としてお使い頂くには大きめの湯呑みで3-4人分の大きさといったところでしょうか。取っ手を入れた高さは21cmです。

火にかける際には、釉薬に火がかからないよう火加減にご注意下さい。強火で火をかけますと割れの原因となります。

詳 細


重さ : 750 g 容量 : 1000mL 直径 : 16.0 cm 幅 : 20.0 cm 高さ : 13.0 cm

作家作品販売のお問い合せはこちら0242-24-6433

お問い合せ お気軽にお問合せ下さい。

前の記事

煎じ土瓶 青磁釉

次の記事

煎じ土瓶 青磁釉